説明会実況

有名企業の説明会を全文書き起こししています!

パナソニック/学内説明会/2019/03 全文書き起こし

f:id:setsumeikailive:20190512061452p:plain

*個人が特定される可能性がある情報は一部変更していますのでご了承下さい*

説明会内容

よりパナソニックのことを知っていただけるかなと思いますので、よろしくお願いいたします。

冒頭なんですけども、前の回でパンフレットを全て配付しきってしまいまして、、この回はきれてしまいましたので、パンフレットの内容は採 用のホームページの方にも同じような内容が記載してありますので、お時間のあるときに、そちらを見ていただければと思っておりますので、よろしくお願いします。

自己紹介

本日、説明させていただきますパナソニック採用部の○○と申します。

よろしくお願いいたします。

簡単に自己紹介です。

2010年入社、4月で10年目に突入いたします。

所属は先ほど申しましたとおり、採用部、事務系の採用担当をしております。

大学時代、最も力を入れていたところで体育会系の剣道部に所属をしておりまして、日本一を目指して日々、精進しておりました。

大学時代は日本一には、なれなかったんですけれども、パナソニックに入社後、社内で剣道を続けておりまして、一昨年に日本一に輝くことができました。

縁あってパナソニックに入社することができたんですけれども、入社を決めた理由として、物をつくる前に人をつくるという創業者の精神に非常に感銘を受け ました。

また、先輩社員とお会いする機会がございまして、その際に先輩社員の働く志でしたり、自分が世界を変えてやろうといった気概、こういったところに非常に 魅力を感じました。

このような環境に身を投じれば自身が成長できるのではないかということでパナソニックを決めました。

また、働く以外にもプライベートというところを充実させ、左上に写真がありますけれども、週末は家族でいろんなところに遊びに行っております。

嫁の写真はちょっと丸にさせてもらっています。

パナソニックについて

本日の内容ですが、主に四つですが、会社の説明、その後に本日は先輩社員の方に来ていただいておりますので、どのような仕事をしているのか、どのような 思いで働かれているのかということをお聞きできるかと思います。

その後、採用情報をお話ししていきますので、よろしくお願いします。

パナソニックの概要

まずはパナソニックの概要です。

こちら、会社の歴史になりますが、左側、こちらが松下幸之助創業者、経営の神様と呼ばれる方です。

1918年に当時は3人からスタートした会社です。

ここから100年2018年には創業100周年を迎え、グローバルに27万人の会社になりました。

100年間、世の中の流れに沿っていろんな歴史を歩んできたわけですけれども、その中でも大事にしていたことは事業を通じて人々のくらしと社会の発展に貢献 をするこういった経営理念をとても大事にしてきた会社でございます。

今27万人と申しましたが、それだけの多くの人数が一つの方向に向かうということはなかなか難しいことで、これをこの会社は100年変わらず、経営理念を大事 にして一つの方向に向かってきたところです。

皆様もゼミでしたり部活動、また組織に所属しているかと思いますけれども、そこで何かを達成するために一つ指針となると思うんですけれども、私も先ほど 申しましたとおり、剣道部そういった組織に所属している中で、やっぱり目標達成のためにこういうふうに僕らはあるべきなんだとか、こういうことをやって いこうとか、そういったことを50人、100人レベルでもとても難しくて、それをですね当社は27万人、皆さんが大切にしながらやっていく会社です。

そういった経営理念の部分を額にした言葉が”A Better Life, A Better World”となっております。

ここで注目をいただきたいのが「A」というローマ字です。”Better Life,Better World”でも意味は通じると思うんですけども、この「A」に込められた思いとい いますのが、一人ひとりに寄り添うこういった思いが込められております。

ですので、一人ひとりに寄り添って、一人ひとりの暮らしをより良くしていく、こういった思いを我々は常々大事にしています。

こちらパナソニックのセグメント別売上高、構成比と書いているんですけど、何が言いたいかといいますと、皆さんの中でパナソニックって家電のメーカーと いうイメージが強いと思うんですが、実際にはですね、社内で家電を扱っているのは右上、アプライアンス社の3割でして、パナソニックは家電の会社ではなく て、家電も取り扱っている会社ということでご認識いただければと思っております。

カンパニーと事業内容

各カンパニーを組織体制と併せてご紹介したいと思うんですけど、カンパニー制度と言ってもなかなかピンとこないと思いますが、子会社とかそういう意味合 いではなくてですね、この四つのカンパニーにてパナソニックが構成されているというふうにご認識いただければと思います。

まず、赤色のところが先ほどご紹介しましたアプライアンス社、ここが皆さんおなじみの家電、テレビやエアコン等、そういった商品を取り扱っているカンパ ニーです。

黄色、エコソリューションズ社、ここは住宅関連の商材を扱うカンパニーです。

内装でしたり、外壁とか屋根、照明、コンセント、配線、スイッチそういったところ、住宅に関連する商品を扱うカンパニーです。

そして青色はコネクティッドソリューションズ社。

こちらはプロジェクターでしたり、パソコン、黒物家電と呼ばれる商品を扱っているカンパニーでこの4カンパニーの中で唯一BtoBビジネスに特化したカンパ ニーでございます。

最後、緑色ですが、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社というAIS社と呼ばれるカンパニーですけれども、主に車載関連の商品、また産業用のデ バイス、電池、これを取り扱うカンパニーでございます。

その他にも下に3つありますが、それぞれイノベーション本部にて構成されている会社でございまして、この組織によって先ほども言った”A Better Life, A Better World”を目標に頑張っている会社でございます。

次の100年に向けて

先ほど、100周年を迎えたというふうに言いましたが、次の100年何をしていくのかということで、次の100年に向けた取り組みについて紹介させていただきま す。

こちらはパナソニックの社長ですが、次の100年で、くらし世界をアップデートしますというふうに言っています。

皆さんの中でメーカーは物を売って終わりというようなイメージを持っているかもしれませんが、常にカスタムをし続け、更新を続け、更新を続けられること を前提とした物やサービスの開発、提供を通して一人ひとりの暮らしでしたり、社会をより豊かにすることをお手伝いするということを目指してこの100年取り 組んでまいります。

個人の成長を支える制度

会社の成長には個人の成長というのも欠かせない部分でして、パナソニックでは個人の成長を応援する環境もございます。

物をつくる前に人をつくる、先ほど私が話させていただきましたが、当時、松下幸之助創業者は当時、松下電器という会社だったんですけれども、松下電器は 何をつくる会社かと尋ねられたならば、松下電器は人をつくるところでございます。あわせて商品も作っておりますとこういうことをおっしゃられたというこ とで、やはり人づくりが事業活動の原点であるということで様々な制度がございます。

一部ご紹介したいと思うんですけど、まず一番上、eチャレジ制度というのがありますが、こちらは各事業長が人材が必要な場合、社内で募集をかけて人を集め る、そういった制度でございます。

逆にこの2番目eアピールという制度は自分のスキルを生かしたい、こういった事業上で働いてみたいということを逆に自分からアピールするような制度です。

私、採用部として話していますけど、実はこの制度を使いまして今、採用部にいます。

前職場、ロジスティクス、物流の部門におりまして、まったく畑違いのところにいるんですけれども、自分の魅力的な会社を世の中に伝えていきたい、そうい ったことにチャレンジしていきたいという思いでeアピール制度を利用して今に至ります。

また、海外トレーニー、社内複業、社外留職などありますが社外留職においては1年間ベンチャー等に出向いて帰ってくるというような制度でしたり、社内複業 ですと、社内で今の自分の仕事とは別に違う仕事を複業という形でやったり、例えば私でしたら人事をしながらマーケティングだったり商品開発だったり、そ ういうのをやれる制度でございます。

仕事の20%としているので、週に1回程度ですね。その他は今の職を続けながら週に1回程度他の仕事をするというような制度もございます。

前のスライドでわかるとおり、パナソニックというのは事業の幅がとても広くて職種の幅もとても広いです。

ですので、様々なことに挑戦できる環境にありますので、それぞれ皆さんの自分のキャリアが築ける環境でないなかというふうに思っています。

社内服装についてです、スーツで来てもいいですけど、大半がビジネスカジュアルということで、結構カジュアルな、私はいつもこのような服装で出社してい るんですけれども、自身でしっかり考えてということになります。

ここは福利厚生の部分なんですけれども、他の会社さんで説明されるところがあるのか、わからないのですが、非常に独身寮も充実しております。

首都圏、大阪を中心にあるんですけど、とてもきれいな寮がありますので、社会人生活の私生活面からもこうやってサポートする環境がございます。

パナソニックでの社員

簡単ですが会社の説明は以上にしまして、本日2名の先輩社員に来ていただいております。

技術系は○○さん、事務系は○○さんに来ていただいておりますので、お話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

技術系社員より仕事紹介

改めましてこんにちは。○○と申します。

本日は、私から技術系の仕事の紹介をさせていただきたいと思います。

私、昨年入社いたしました。早稲田大学大学院○○を卒業いたしまして、入社1年目です。

4カンパニーのうち、AIS社、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社のオートモーティブ事業、車に関係する事業のお仕事をしております。

インフォテイメントシステムと書いてあるんですけど、インフォメーションとエンターテインメントの造語で、車内の空間を豊かにするようなデバイスの製作 をしております。

ハード面から研究開発を行っております。

入社を決めた理由といたしましては、私は特にすごくやりたい仕事があったわけではなくて、これを研究開発したいという夢が明確にあるわけでもなかったん ですけれども、パナソニックの広い事業領域を生かして入社してから何かやりたいことが見つけられるのではないかなと思って入社いたしました。

最終的に他の電機メーカーさんと比べてパナソニックに入社を決めた理由といたしましては、説明会で社員さんと交流があった際に、社員さんの考え方であっ たり、性格であったりといったものが私にぴったり合うなと思ったのが大きな理由です。

写真、パナソニックシステムズマレーシアで撮ったものなんですけれども、昨年、海外の工場研修で工場に出向く機会をいただきました。

私の研究開発の内容なんですけども、室内のデバイスとユーザーの通信の技術を主に取り扱っております。

PASMOSuicaといったリアフィールドコミュニケーション、近距離非接触の通信を車内に適用したらどのような技術が生まれるのかといった先端技術開発で あったり、Bluetooth無線LANの通信モジュールの開発とありますように、カーナビとスマホの連携であったりといったものをより良くしていくためにはどう したらいいかといったような研究開発を行っております。

私の主な1日ですが、定時9時から5時半なんですけども、8時、8時半ごろに出社いたしまして、打ち合わせを挟みながら実験を進めるといった毎日です。

1年目なので17時半、18時頃には会社を出て寮まで1時間弱、オートモーティブの拠点は本社の大阪ではなく横浜になりますので、その辺りで新築駅チカで寮に 住んでおります。

研修会や勉強といったものに自由に参加することができます。

私の志です。

私はくらしとつながる車をもっと世界にということで、パナソニック、家電であったり、パナソニックホームズであったり住宅環境と家電をICTで繋げることを やっているんですけれども、そこと車を繋げるといったところは、まだコンセプトの段階です。

昨年、コンセプト電気自動車モデルとしてスペイシーといったものをパナソニック独自で開発いたしまして、皆様にお届けできるように頑張っております。

そこでパナソニックホームズ、くらしであったり、車であったりといったものをつなげて、実際にお客様にお届けできる形までもっていく、総合的にアップデ ートできるのは弊社だけだと思って技術開発に取り組んでおります。

最後に、就職活動に臨むうえで、皆様にメッセージということで、私も一昨年、就職活動を行いました。

この間、説明会、ESを書いたり面接をうけたりといったものを、全て前向きに頑張っていたわけではなくて、時には面倒くさいと思ったりしたこともありまし た。

ただ、自分と向きあって自分の意見を発信してそれを聞いてもらって、フィードバックが受けられるというチャンスは、後にも先にも今の短い期間だけなの で、ぜひとも前向きに取り組んでいただきたいと思います。

また電機メーカーを今日、聞きに来てくださってありがとうございます。

メーカーだけではなくて、多くの業界、職種をぜひみていただいて、自分に合った会社を見つけていただきたいと思います。

弊社は1年目から海外の工場や拠点に行けたり、皆様の前で意見を発信できたりとそういうチャンスもありますので、ぜひとも若いうちから活躍していってい ただきたいなと思います。

以上です。ありがとうございます。

事務系社員より仕事紹介

皆さん、改めましてこんにちは。

入社8年目で2011年に入社しました○○と申します。

所属は先ほど○○からお話がありましたAIS社なんですけれども、オートモーティブ事業に関係している車内×××(16:40)の仕事をしています。

そこで営業という仕事をやっていまして、その話にいく前に、私がどうしてパナソニックを選んだかというところなんですけれども、下に二つ書いておりまし て、この中で大半の方がそうかもしれないんですけれども、入社して社会人になってから海外で働きたいとかいう思いも9年前にありまして、そういう思いが実 現できる会社ということと、あとはずっと一人で何かをするというよりも、皆で力を合わせて作り上げるという、そういう価値観をすごく大事にしてきたのでそことすごく共鳴するというか、相通ずるものがあるなとパナソニックの社員とたくさん合って感じたので入社することを決めました。

私のやっている仕事についてなんですけれども、右にいくつか写真を小さいんですけれどもついていまして、例えば大きなディスプレイであるとか、電子ミラ ーであるとか、リチウム電池であるとか、こういった部分が我々パナソニックが取り扱っている車事業向けの主な製品になっています。

営業としてどういう仕事をしているかというのを下に書いているんですけれども、未来の車作りをしていますと書いていて、次に私は営業なので物をつくるの が仕事ではないんですけれども、何をしているかというと、お客さんが将来、どういう車を作りたいんだっけ、どういう車だったら売れるんだと、お客さんが 未来をどう見据えているかというところを情報収集したり、その情報に基づいて、どういう戦略で取り組むのがいいんだっけとか、それをどういうお客さんに 提案するのがいいかとか、そういった戦略立案のところから具体的な成約のところまで含めて、先ほど、説明がありましたがいろんな職種の人を一つにまとめ ながらチームパナソニックとしてお客様に提案をして、製品なりサービスを売り込んでいくというのが営業の仕事になります。

なので、たぶん皆さん、あまり車に乗る人、多くはないと思いますし、私も入社する前は車に全く興味がなかったですけれども、そういう人にどうやって車を 売れるのかを我々も考えながら車のメーカーさんと仕事をしているというような形です。

これから私の代表的な1日を切り取ったものなんですけれども、営業ですので、お客さんのところに行くことがあります。

私の担当は日本のお客様なんですけれども、車の業界は日本のマーケットが5%ぐらいなので、残り95%は海外の売り上げになっているとそれに基づいて我々 も海外で仕事をすることが非常に多くて、この日は午前中アメリカと中国のパナソニックのメンバーとテレビ会議をして、いろんな打ち合わせをしてですね、 その後で営業の中でミーティングをしたりして、午前中が終わりますと。

午後はお客さんのところに行っていろんな情報収集をしたり、今お客さんのところで新しい車を立ち上げている途中ですので、その進捗報告をしたりという活 動をして、だいたい7時とか8時ぐらいに1日が終わるというイメージになります。

私の志としては、世界中の車、進化に貢献したいというふうに書いています。

皆さんに知ってもらえればと思うところが、一つ目に書いているところなんですけれども、パナソニックって皆さんからするとおそらく綾瀬はるかとか、水原 希子といったCMでご覧になられるいわゆるアプライアンス社のイメージが強いと思うんですけれども、説明にあったとおり、実はそれ以外の部分が非常に大き くて、その大半を占めている部分の一つが自動車の事業領域です。
これが何でかというと、電動化であるとか、自動運転とか、いわゆる昔の車からですね未来の車といった、機能なり中身が進化している今、途中にあるんです けれども、そこはパナソニックとして貢献できる部分が電池であるとか、カメラであるとか、いろんなセンサー類であるとか、貢献できる部分が非常に大きい んですね。

そういう部分を通じてパナソニックとして世界中にお役立ちできるというのが、一つのチャンスだと思いますし、実際、私が入社したときよりも、車の事業へ の注力の仕方というのが全然違うので、車内でもいい意味で追い風を受けて仕事をさせてもらっているというのもあるので、そういうチャンスをしっかり世界 中の人に届けたいという思いで仕事をしています。

最後に、皆さんへのメッセージということで、今日は3月1日ということでオフィシャルにスタートしたと聞いているんですけれども、ぜひいろんな会社に行っ てほしいなと思います。

もちろん、我々パナソニックですので、パナソニックに入りたいという人が一人でも多くいてもらえればなというのが我々社員として思うところなんですけれ ども、ぜひいろんな会社を周ってですね自分に合う、合わないがきっとあるはずだと思います。

特に人事の方はいつも仕事をされているんですけど我々社員は毎日学生の方とコミュニケートするわけではないですけれども、私が学生のときに言っていたの は、社員同士がどういう雰囲気なんだっけというのをすごく見ていました。

やはり、そういう何気ないところにその会社の社風であるとか、人事が言っていることが本当なのかなとか、そういうところをたぶんホームページとかいろんなSNSじゃ計り知れないところがあると思うので、だからこそ自分がしっかり情報収集するというところを大事にしてほしいですし、ここで出会えるかどうか というのも、すごく運命的なものもあると思いますので、チャンスはしっかり使い切ってもらえるように、今日までも活動されている方もいるかもしれないん ですけれども、ぜひとも悔いがないように思う存分取り組んでもらえればというふうに思います。

私からは以上です。

ありがとうございました。

いろいろ気になることがあったかと思いますが、全体として質問の場は設けてございませんので、この回終了後、個別に前に来ていただければと思っておりま す。

採用情報

最後に、採用情報をお話しして終わりにしたいと思います。

採用のホームページから応募できますので、ホームページの下のところにエントリーボタンがございますのでこちらからお願いいいたします。

今日はパンフレットがなかったのでこちらを見ていただいて「パナソニック 新卒採用」こういった感じで調べていただければありますので、そちらからよろ しくお願いいたします。

選考については事務系と技術系の2種類ありますので、どちらか一方、併願できませんのでどちらか一方でお選びください。

まず、事務系の選考プロセスについてです。

その前に事務系の中でもコースが三つに分かれております。

一般選考とG100コース、職種確約コース、後ほど説明しますがこの三つのコースがございます。

こちらも併願できませんので、事務系の中でさらにどのコースを選ぶか、いずれかを選んでいただければというふうに思っております。

一般選考についてですが、6月選考と7月選考、二つございますが、ESを提出してSPI、書類選考、そして3回の面接選考があるようなコースでございます。

締め切りが6月コースは4月15日、7月選考は6月17日となっておりますので、ご認識ください。

詳細はホームページの方から確認できますので、よろしくお願いいたします。

こちらG100コースです、G100コースとは何ぞやというところで、日本国内で就職活動を行う学生の方で、日本語よりも英語、中国語でのコミュニケーション選 考を希望する方のコースになっておりますので、こちらを選考したい方は応募してください。

こちらですね、先ほどの一般選考と異なりまして自己PR書というのが必要になります。

自己PR書というのは一次選考見合いとなっておりまして6月以降二次選考に入るという形になっております。

また、最終選考については日本語になっておりますので、認識ください。

続きまして、職種確約コースになります。

こちらは戦略部門でしたり、経理、人事、あるいは法務、知財こういった仕事にチャレンジしたいという強い希望を持つ方のコースでございます。

こちらも自己PR書が必要になりまして、同じく一次選考見合いとなっております。

具体的にはこう書いておりますが、ここも採用のホームページの方に詳細は載っておりますのでご確認ください。

続きまして、事務系のセミナーについてです。

こちらは先輩社員懇談会というものをご用意しております。

なかなかこういう会で聞けないことでしたり、会社の雰囲気などを先輩社員との懇談を通して感じてもらえたらと思っております。

こちらでは早稲田大学慶應大学の知るカフェで開催しておりますので、自分の都合の合う日程、時間、場所でご予約いただければと思います。

本日まもなく13時から予約開始となりますので、よろしくお願いします。

続きまして、仕事体感ワークショップです。

こちらはBtoB、BtoC事業のビジネス提案や商品提案等に挑戦していただくセミナーになっております。

東京ですと4月2日から5日の4日間、パナソニックセンター東京で開催されます。

各日程で都合のいい時間、来れそうな時間のところでご予約いただければと思います。

3月8日10時から予約開始となっておりますので、ご認識ください。

続きまして、技術系の選考についてですが、技術系は自由応募と学校推薦二つございます。

自由応募の方は4月、それ以外は5月からのES提出となっております。

学校推薦の方は各教授に直々にお話しいただければと思います。

技術系ですけど、選考コースが自分の活躍したいフィールドを選べる形になっております。

大きくは三つ分かれているんですけれども、こちらも詳細はホームページに入っていただいて、選考コースインフォメーションというところにパナソニックの 選考コースを知るというところがございますので、具体的にどういうことをやっているのか、どういう×××(27:51)かを確認していだければというふうに思 っております。

技術系のセミナーについてです。

こちらはクロスバリューイノベーションエキスポ、こちらはパナソニック全体の合同説明会のような形になりますので、各カンパニーいろんなことを知りたい という方は、ぜひこちらに来ていただければと思います。

また、事業・仕事別ライブということで、社員との懇談でしたり、工場見学といったセミナーもご用意しております。

こちらも本日の13時予約開始となっておりますので、よろしくお願いします。

また技術系の方は、ウェブセミナーも開催しておりますので、学部生、理系の電機こういったところに興味がある分野で予約をしていただければと思います。

予約の締め切りが早い段階になっておりますので、本日、13時開始次第、ご予約いただければというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。

駆け足になりましたが、採用のホームページに採用情報、セミナー情報等ございますので、そちらをご確認いただいて、多数お集まりのほどよろしくお願いし ます。

はしりまして申し訳ございません。最後になりますけれども、皆さん、本日採用活動解禁でこれから就職活動をされる上で、やはり就職するということってい うのはゴールではないと思っております。

その先に自分が達成したいこと、実現したい未来でしたり、なりたい姿というのをしっかり考えていただければと思います。

長いようで短いこの期間ですので、しっかり自分と向きあう時間として思っていただいてその夢を実現できる会社を選んでいただければというふうに思ってい ます。

パナソニックでは多岐に渡る事業を展開しておりますので、皆さんの夢を実現できるような場であるのではないかと思っていますので、またお会いできること を楽しみにしております。

本日はありがとうございました。